アスペルガー症候群の診断基準(ICD-10

☆アスペルガー症候群

A.表出性・受容性言語や認知能力の発達において、臨床的に明らかな全般的な遅延はないこと。

 診断にあたっては、2歳までに単語の使用ができており、また3歳までに意思の伝達のために二語文(フレーズ)を使えていることが必要である。身辺処理や適応行動および周囲に向ける好奇心は生後3年間は正常な知的発達に見合うレベルでなければならない。しかし、運動面での発達は多少遅延することがあり、運動の不器用さはある(ただし、診断に必須ではない)。突出した特殊技能が、しばしば異常な没頭にともなってみられるが、診断に必須ではない。

 

B.社会相互関係における質的異常があること(自閉症と同様の診断基準)。

 

C.度を外れて限定された興味、もしくは、限定的・反復的・常同的な行動・関心・活動性のパターン(自閉症と同様の診断基準。しかし、奇妙な運動、および遊具の一部分本質的でない要素へのこだわりをともなうことは稀である)。

 

D.障害は、広汎性発達障害の他の亜型、単純性分裂病、分裂病型障害、強迫性障害、強迫性人格障害、小児期の反応性・脱抑制性愛着障害などによるものではない。

 

出典/「ICD―10 精神および行動の障害―DCR研究用診断基準―」(医学書院)

 

 

アスペルガー症候群の診断基準(DSM-Ⅳ)

  1. 以下のうち少なくとも2つより示される対人的相互反応の質的障害

(1)  目と目で見つめ合う、顔の表情、体の姿勢、身振りなど、対人的相互反応を調節する多彩な非言語的行動の使用の著明な障害。

(2)  発達の水準に相応した仲間関係を作ることの失敗。

(3)  楽しみ、興味、達成感を他人と分かち合うことを自発的に求めることの欠如(例:興味のある物を見せる、持って来る、指さすことのしない)。

(4)  対人的または、情緒的相互性の欠如。

 

B. 行動、興味、および活動の限定された反復的で常同的な様式で、以下の少なくとも1つによって明らかになる。

(1)強度または対象において異常なほど、常同的で限定された型の1つまたはいくつかの興味だけに熱中すること。

(2)  特定の機能的でない習慣や儀式にかたくなにこだわるのが明らかである。

(3)  常同的で反復的な衒奇的運動(例:手や指をパタパタさせたりねじ曲げる、または複雑な全身の動き)

(4)  物体の一部に持続的に熱中する。

 

C.その障害は、社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の臨床的に著しい障害を引き起こしている。

 

D.臨床的に著しい言語の遅れがない(例2歳までに単語を用いて、3歳までにコミュニケーション的な句を用いる)。

 

E.認知の発達、年齢に相応した自己管理能力、(対人関係以外の)適応行動、および小児期における環境への好奇心について臨床的に明らかな遅れがない。

 

F.他の特定の広汎性発達障害または統合失調症の基準を満たさない。

 

出典/「DSM__TR 精神疾患の診断・統計マニュアル」(医学書院)