・担当トレーナーの紹介

山本英美(やまもとひでみ)

 

家族療法カウンセラー、チャイルドカウンセラー、ベビーシッター、ホームヘルパー 資格所有

私は幼少の頃、家庭環境がよくありませんでした。父と母は離婚し、私は父のもとで育てられました。その後、父は再婚し継母との生活が始まりました。若い継母にとって私は、邪魔者としかうつらず、いわゆる虐待を受けるようになりました。当時は、私のことを気にかけてくれる人や児童相談所のようなものも無く実の父も見てみぬふりをし、私はただ我慢するしかありませんでした。それから3年が経ちました。私は実の母のところへ引き取られることになり、それまでとは真逆の愛情をたっぷり受ける生活が始まりました。

季節は流れ、私は結婚し娘と息子を授かりました。ある育児書には「虐待を受けた子は、それを繰り返す」と書かれていました。私は2人の子供に絶対に自分が感じた辛い思いはさせまいと心に強く決め育てました。娘はいわゆる手のかからない子供で、自然と自分のことは自分で行い育ちました。一方息子は、自分で行動できる年ごろになると、どこかに連れていく度にあっと言う間に姿を消してしまったり、癇癪持ちで家族に当たり散らしたりと、彼に振り回される日々が続きました。

「もしかしたら息子には何か障害があるのかも?」という気持ちが生じ始め専門家の所に連れて行きました。この方には、本当に親身にそして丁寧に対応していただきました。いただいた言葉でどれだけ私の気持ちが安らいだことか。自然と息子と一緒に要る時間の笑顔が増えました。

 昔から憧れていた子供と関わる仕事に就いてからは、子供の発達に関してより専門的に学ぶようになりました。いろいろな保護者の方のお悩みを聞く中で、もっと身近に、一緒に子育てについて考えていける場があればいいのにと思うようになりました。このアネシスがそうした場でありたいと思っています。

 私がいただいた安らぎを、今同じように子育てにお悩みの保護者の方、そしてお子さんにもたらすことが出来ればこれ以上の嬉しいことはありません。

ぜひお気軽な気持ちでお問合せください。