注意欠陥/多動性障害の診断基準(DSMーⅣ)

A、(1)か(2)のどちらか

 (1)以下の不注意の症状のうち6つ(またはそれ以上)が少なくとも6カ月間持続したことがあり、その程度は不適応的で、発達水準に相応しないもの。

<不注意>

  1. 学業、仕事、または他の活動において、しばしば綿密に注意することができない、または不注意な間違えをする。
  2. 課題または遊びの活動での注意を集中し続けることがしばしば困難である。
  3. 直接話しかけられたときにしばしば聞いていないように見える。
  4. しばしば指示に従えず、学業、用事、または職場での業務をやり遂げることができない。(反抗的な行動、または指示を理解できないためでなく)。
  5. 課題や活動を順序立てることがしばしば困難である。
  6. (学業や宿題のような)精神的努力の持続を要する課題に従事することをしばしば避ける、嫌う、またはいやいや行う。
  7. 課題や活動に必要なもの(例:おもちゃ、学校の宿題、鉛筆、本、または道具)をしばしばなくしてしまう。
  8. しばしば外からの刺激によってすぐ気が散ってしまう。
  9. しばしば日々の活動で忘れっぽい。

 

(2)以下の多動性―衝動性の症状のうち6つ(またはそれ以上)が少なくとも6カ月間持続したことがあり、その程度は不適応的で、発達水準に相応しないもの。

<多動性>

  1. しばしば手足をそわそわと動かし、またはいすの上でもじもじする。
  2. しばしば教室や、その他、座っていることを要求される状況で席を離れる。
  3. しばしば不適切な状況で、余計に走り回ったり高い所へ行ったりする(青年または成人では落ち着かない感じの自覚のみに限られるかもしれない)。
  4. しばしば静かに遊んだり、余暇活動につくことができない。
  5. しばしばじっとしていない、またはまるでエンジンで動かされるように行動する。
  6. しばしば喋りすぎる。

<衝動性>

  1. しばしば質問が終わる前に出し抜けに答え始めてしまう。
  2. しばしば順番を待つことが困難である。
  3. しばしば他人を妨害し、邪魔する(例:会話やゲームに干渉する)。

 

B、多動性―衝動性または不注意の症状のいくつかが7歳以前に存在し、障害をひき起こしている。

C、これらの症状よる障害が2つ以上の状況(例:学校(または職場)と家庭)において存在する。

D、社会的と、学業的、または職業的機能において、臨床的に著しい障害が存在するという明確な証拠が存在しなければならない。

E、その症状は、広汎性発達障害、統合失調症、または他の精神病性障害の経過中にのみおこるものではなく、他の精神疾患(例:気分障害、不安障害、解離性障害、またはパーソナリティー障害)ではうまく説明されない。

 

・注意欠陥/多動性障害、混合型:過去6カ月間A1とA2の基準をもとに満たしている場合

・注意欠陥/多動性障害、不注意優勢型:過去6カ月間、基準A1を満たすが基準A2を満たさない場合

・注意欠陥/多動性障害、多動性―衝動性優勢型:過去6カ月間、基準A2を満たすが基準A1を満たさない場合

 

出典/「DSM―Ⅳ―TR 精神疾患の診断・統計マニュアル」(医学書院)