自閉症障害の診断基準(DSM-Ⅳ)

A.(1)(2)(3)から合計6つ(またはそれ以上)、うち少なくとも(1)から2つ(2)(3)から1つずつの項目を含む。

(1)  対人的相互反応における質的な障害で以下の少なくとも2つによって明らかになる。

  1. 目と目で見つめあう、顔の表情、体の姿勢、身振りなど、対人的相互反応を調整する多彩な非言語的行動に使用の著明な障害。
  2. 発達の水準に相応した仲間関係を作ることの失敗。
  3. 楽しみ、興味、達成感を他人と分かち合うことを自発的にもとめることの欠如(例:興味のある物を見せる、持って来る、指さすことの欠如)
  4. 対人的または、情緒的相互性の欠如。

 

(2)  以下のうち少なくとも1つによって示されるコミュニケーションの質的な障害。

  1. 話し言葉の発達の遅れまたは、完全な欠如(身振り物マネのような代わりのコミュニケーションの仕方により補おうという努力を伴わない。)
  2. 十分会話のある者では、他人と会話を開始継続する能力の著明な障害。
  3. 常同的で反復的な言語の使用または独特な言語。
  4. 発達水準に相応した、変化に富んだ自発的なごっこ遊びや社会性をもった物をマネ遊びの欠如。

 

(3)  行動、興味、および活動の限定された反復的で常同的な様式で、以下の少なくとも1つによって明らかになる。

  1. 強度または対象において異常なほど、常同的で限定された型の1つまたはいくつかの興味だけに熱中すること。
  2. 特定の機能的でない習慣や儀式にかたくなにこだわるのが明らかである。
  3. 常同的で反復的な衒奇的運動(例:手や指をパタパタさせたりねじ曲げる、または複雑な全身の動き)
  4. 物体の一部に持続的に熱中する。

 

B.3歳以前に始まる、以下の領域の少なくとも1つにおける機能の遅れまたは異常

(1)対人的相互反応 (2)対人的コミュニケーションに用いられる言語、または(3)象徴的または想像的遊び。

C.この障害はレット障害または小児期崩壊性障害ではうまく説明されない。

 

出典/「DSM__TR 精神疾患の診断・統計マニュアル」(医学書院)