『視る力』を育てるトレーニングって何をするの?

 千葉県柏市で、まなびの広場(レゴ教室)・稲進会(学習塾)を単なるエリートを育成するのではなく、一人ひとりの個性を大切にするという主旨のもと運営してまいりました。

 数多くのお子さんと保護者の方と出会う中で、様々なご相談をいただいてきました。発達に関すること、障害に関すること、お子さんの性格のこと、不登校に関すること、学習遅延に関すること……。

まずは、そうしたお悩みをお持ちの保護者の方とお子さんの心が安らぐ場所でありたいと考えています。

 その中で、今まで培ってきた指導を分析改良し、独自のカリキュラムをもとにしたトレーニングを行うことで、より深くお役立ちできることを願う相談室です。 

 

集中力を高めるトレーニング

・「視る力」と「聞く力」を鍛えることで、集中力アップにつながります。

 集中力は習慣です。お子さんの年齢の低い段階で、何かに集中する習慣を身につけておくことは、例えば受験、そして社会生活を送る上でも必ず役立ちます。

 

  現在、お子さんに集中力が無いのではないかとご不安な方、あるいはもっと集中力を高めてもらいたいとおもわれる保護者の皆様、「視る力」と「聞く力」に焦点をあてたトレーニングをご体験ください。

・一緒に考える。

 自閉症、発達障害などの言葉が、ここ数年頻繁に使われるようになっています。こうした言葉が広まる中、大切なことはお子さんを言葉で分類することではありません。お子さんの状態にあった形で、一つ一つ出来ることを増やしていくことです。そして人生という長い期間の中でその子の成長を見守ってあげることです。見守り方も、お子さん一人ひとり違うものです。

 当会では、専門トレーナーが、お子さんをどのように見守り、そしてどのような接し方、能力の伸ばし方について、保護者の方と一緒に考え行動に移していく場でありたいと思います。

☆トレーニングについて→こちら