子育てコラム

<実力と確率>  

 

 「夢は必ず叶う!」よく耳にする言葉ですが、本当にそうなのでしょうか?そんなはずないんじゃないと誰でも多かれ少なかれ思ったことがあるかと。

 

例えば、ある人がオリンピックで金メダルを獲りたいという夢を持ちました。同じ夢を持った人が仮に1000人いたとします。でもオリンピックで金メダルをもらえるのはただ1人。そうなると金メダルを獲得出来なかった他の999人の夢は叶わなかったことになります。じゃあ次のオリンピックで夢を果たそうということになりますが、オリンピックが開催されるのは4年に1度です。4年後には同じ夢を持つ人がもっと増えているかもしれません。そしてまた金メダルをつかめるのはただ1人。こんなふうに考えると夢は叶わないことの方が圧倒的に多いのが現実であるとも言えます。受験においても同じですね。あの学校に行きたい!そう思ったとしても全員が合格できるわけではありません。

 

 

どうせ叶わないなら夢なんか追わない方がいいのでしょうか?そんなことはありません。なぜなら夢を追う中での行動がその人の実力向上に必ずつながっているからです。たとえ目の前の夢が叶わなかったとしても、実力が上がっているのです。

 

 

確率ということを考えてみます。例えば最初の段階の実力レベルが2(※ロールプレイングゲームのレベルだと思ってください)の人がいたとします。このレベルでは何かが上手くいく確率はほぼゼロに等しいとします。でも夢に向かいました。結果敗れたけれども夢に向かって頑張ったおかげで実力レベルが10に上がりました。そしてまた何かに挑戦。またまた失敗。けれどもレベルは20に上がりました。こうしたことを繰り返していると、たとえ成功しなかったとしても徐々に成功する確率は上がっていくことになります。そしてより大きな夢を果たせる可能性も高まってくるのです。

 

夢を叶えることができた人たちに共通することは、途中で上手く行かないことや一見挫折のように思えるものに出会ったとしてもあきらめずにその先を見つめ行動し続けたことです。しかも必死に一生懸命に。逆に失敗や挫折を目の前にし、自分には力が無いんだとか向いていないといった理由付けをして歩みを止めてしまった人は、成長が止まり夢を叶えることも出来ないままになってしまいます。

 

結果より過程が大事と呼ばれる所以もこうしたことなのでしょう。

 

もちろん行動した結果から目をそむけることなくしっかりと受け止めることも大切です。でもその結果にとらわれすぎてはいけないのだと思います。結果がどうであれ、今目の前にあるもの、取り組むべきものごとに真剣に取り組む、そうしたことの積み重ねが成功確率を上げていくことにつながっていくのです。

 

子供たちがせっかくがんばったのに上手く行かなかったとか、目標を達成できなかったといったことで落ち込んでいる様子を見かけます。そんなときこそ、「大丈夫!君の実力は上がっているよ」ときちんと伝えてあげようと思います。

 

「夢は見続けていれば必ず叶う!」が正しいと思っています。

 

                    (奥松亮二)